港北区日吉の歯科・歯医者「矢島歯科医院」が歯周病についてご紹介

日吉駅徒歩4分駐車場5台完備
文字サイズ
標準
大きく

歯ぐきが腫れている・血が出る~歯周病~

その出血、放っておくと歯が抜ける!?~歯周病~

その出血、放っておくと歯が抜ける!?~歯周病~

歯周病は細菌による感染症で、蓄積したプラークの中に潜む歯周病菌によって、歯ぐきが炎症を起こす病気です。放っておくと炎症によって歯を支えるあごの骨や歯ぐきが溶けていき、ポロリと歯が抜けてしまう可能性も。日本では成人の8割以上が歯周病患者か、その予備軍だといわれています。

初期の歯周病はほとんどの場合、自覚症状がありません。予防や早期発見・早期治療のためには、日ごろのセルフケアはもちろん、専門家(DH)によるメインテナンスも大変重要です。港北区日吉の歯科・歯医者「矢島歯科医院」が、知っているようで意外と知らない歯周病について紹介します。

歯周病が身体に与える影響

歯周病が身体に与える影響
歯周病と全身疾患の関係

歯周病はお口の中だけのトラブルではありません。実は歯周病菌が歯ぐきの毛細血管を通って全身に運ばれると、さまざまな全身疾患の引き金になることがわかっています。「痛くないから」といって放っておくと、大変な結果を引き起こすかもしれないので、心あたりのある方は早めにご相談ください。

歯周病と関わりのある疾患
  • 糖尿病
  • 心疾患
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗しょう症
  • など
妊娠性歯周炎にご注意ください
妊娠性歯周炎にご注意ください

妊娠中はホルモンやつわりの関係で口腔内環境が大きく変化しやすく、むし歯や歯周病のリスクが増してしまいます。妊娠中の歯周病は「妊娠性歯周炎」と呼ばれ、早産や低体重児出産の確率が増すことがわかっています。

妊娠性歯周炎の方が早産や低体重児出産となる確率は、そうでない場合に比べて約7倍。喫煙や飲酒、高齢出産の場合と比べても非常にリスクが高くなるので、注意しなければなりません。大切な赤ちゃんを守るために、妊娠前から定期検診で予防や治療に努め、健やかな口腔内環境を維持しましょう。

歯周病の症状と治療・処置

歯周病の進行
歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯ぐきに炎症が起きており、歯周ポケットの深さは3mm程度です。ブラッシングの際出血することがあります。 歯石ができはじめており、歯ぐきの炎症がひどくなります。歯周ポケットは4mm程度で、あごの骨が溶けはじめ、冷たいものがしみたり、口臭が気になったりすることもあります。 あごの骨が半分ほど溶かされた状態で、歯周ポケットは6mm程度です。指や舌で歯を押すとぐらつくことがあり、出血や腫れ、口臭に加えて歯が浮くような感覚を覚えることもあります。 あごの骨がほとんど溶かされ、ぐらつきがひどくなります。歯の根が露出するので歯が長く見え、歯がポロリと抜け落ちるケースもあります。
初期の治療法

歯周病治療の基本は、炎症を引き起こす細菌のかたまりであるプラークと、細菌の棲み家となる歯石を取りのぞくことです。歯石はプラークが石灰化したもので、ブラッシングでは取り除けません。初期段階では次のような治療を行います。

スケーリング ルートプレーニング
スケーリング ルートプレーニング
「スケーラー」という専用の器具で、歯石を取り除きます。 スケーリングで落とせなかった歯石を「キュレット」という専用の器具で取り除き、歯の表面を滑らかに仕上げてプラークの再付着を防ぎます。
重度の治療法

歯周病が悪化すると歯と歯ぐきが剥離し、歯ぐきが腫れるため歯周ポケットが深くなります。深い歯周ポケットにはプラークや歯石が溜まりやすく、悪循環を招くため、まずは歯周ポケットの内部からプラークや歯石を取り除かなければなりません。必要に応じて、溶けてしまったあごの骨に対する再生療法を併用します。

汚染組織除去
フラップ手術 フラップ手術
局所麻酔をして歯ぐきを切開し、歯の根を直接目で見ながら歯石やプラークを取り除きます。
再生療法
エムドゲイン法 エムドゲイン法
汚染物質を取り除くと徐々に歯ぐきやあごの骨が再生しますが、骨よりも歯肉のほうが早く再生するため、そのままではスペースが足りなくなります。この方法では特殊なゲルを充填してスペースを確保し、骨の再生を促します。
GTR法 GTR法
エムドゲイン法と同じように骨の再生スペースを確保する方法で、「メンブレン」という特殊な膜を用います。
CTG CTG
上あごの骨から結合組織を取り出し、歯ぐきが薄くなっている部分の上皮と骨膜の間に移植します。これによって歯ぐきの厚みを取り戻します。
FGG FGG
上あごから上皮のついた歯肉を一部切り取って、歯の根の周辺に移植します。角化歯肉と呼ばれる硬く丈夫な歯ぐきを形成し、歯ぐきを強化します。
痛みや負担が少ない治療法
ペリオウェイブ ペリオウェイブ
専用のジェルを塗布してレーザー光を照射し、歯周ポケットの内部を殺菌して歯ぐきの健康を取り戻す治療機器です。安全で痛みもなく、副作用の心配もありません。何度でも治療が受けられます。
レーザー治療 レーザー治療
レーザーは患部の切開や除去に加え、殺菌や消毒ができ、回復を促す効果も期待できます。麻酔を使用しないので、ペースメーカーをお使いの患者様や、妊娠中の患者様にも安心して治療を受けることができます。
大切な歯を失わないために診療のご予約はこちら
上に戻る