港北区日吉の歯科・歯医者「矢島歯科医院」が一般歯科についてご紹介

日吉駅徒歩4分駐車場5台完備
文字サイズ
標準
大きく

痛い・しみると感じたら~一般歯科~

「痛い」「しみる」……それはむし歯のサインかも?~一般歯科~

「痛い」「しみる」……それはむし歯のサインかも?~一般歯科~

ごく初期のむし歯は、神経のない表面のエナメル質が溶かされているだけなので、あまり痛みは感じません。ですが「痛い」「しみる」と感じたら、それはむし歯が進行しているサインです。早期発見・早期治療によって、治療時にかかる時間や痛み、費用といった負担が軽くなります。港北区日吉の歯科・歯医者「矢島歯科医院」に、お気軽にご相談ください。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0 脱灰 歯の表面が白く濁り、エナメル質が溶けはじめています。まだ痛みなどの自覚症状はありません。 正しいブラッシングで治る可能性があるので、磨き方のアドバイスをします。プラークを取り除き、フッ素を塗布して歯質を強化します。
C0 脱灰
C1 エナメル質のむし歯 エナメル質が溶け、穴が空きはじめた状態です。患部が黒っぽく見え、冷たいものがしみることがあります。ほとんどの場合、痛みはまだありません。 むし歯の部分を削って、その穴をレジン(歯科用プラスチック)でふさぎます。
C1 エナメル質のむし歯
C2 象牙質のむし歯 エナメル質の内側にある、象牙質にむし歯が達した状態です。冷たいものに加え甘いものがしみるようになり、痛みを感じることがあります。 むし歯の部分を削って型を取り、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)でその穴を補います。
C2 象牙質のむし歯
C3 神経に達したむし歯 象牙質のさらに奥にある、歯の神経にまでむし歯が達した状態です。何もしていなくてもずきずきと激しく痛み、ひどく腫れることもあります。 歯の根を通る細い管(根管)から歯髄(歯の神経や血管)を取りのぞき、きれいに消毒して薬剤を詰め、被せ物で補う「根管治療」を行います。
C3 神経に達したむし歯
C4 歯根に達したむし歯 歯のほとんどの部分がむし歯に溶かされ、歯の根にまで達した状態です。神経が死ぬのでいったん痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まる「根尖病巣」ができると、再び激しく痛みます。 ここまで進行すると、ほとんどの場合は抜歯が必要です。抜歯後は入れ歯インプラント、ブリッジによって、失った歯の機能を補います。
C4 歯根に達したむし歯

当院では必要最低限しか削りません

当院では必要最低限しか削りません

多くの歯科医院ではむし歯を目視で診断しますが、歯と歯の間などの見えにくい部分のむし歯は、見逃してしまうケースが少なくありません。当院ではより正確な診断をくだせるよう、「ダイアグノデント」という検査機器を採用しています。

レーザー光を照射し、反射光のわずかな変化を解析することで、高い確率でむし歯を発見することができるダイアグノデント。見た目が小さく、歯の内部でしずく状に広がっているむし歯も、歯を削らずに把握できます。より正確な診断が早期の段階で可能となり、歯を削ることによる患者様の負担が減らせます。

歯科用ルーペ(拡大鏡)でより精密な治療

歯科用ルーペ(拡大鏡)でより精密な治療

当院では治療の内容にかかわらず、すべての治療で歯科用ルーペ(拡大鏡)を使用しています。根管治療をはじめ、歯科治療では常に細かく繊細な処置が必要です。肉眼では見えづらい部分まで正確に把握することで、治療の精度が向上します。

治療後こそメインテナンスが大切です

治療によってむし歯や歯周病が治ると、「もう歯医者に行かなくてもいいや!」と思われる方が多いものです。しかし、これらのトラブルを引き起こすのはお口の中に常に潜んでいる細菌。定期的に減らしていかなければ、すぐにまた増殖して病気を引き起こします。

患者様の体質やお口の状態によって適した周期は異なりますが、再発を効果的に防ぐためには、2~4カ月後とにメインテナンスを受けることが大切。定期検診やメインテナンスを受ける習慣がある方は、そうでない方に比べてむし歯や歯周病の再発率が10分の1以下になるという研究結果も出ています。

治療後こそメインテナンスが大切です

日ごろのブラッシングももちろん大切ですが、それだけではすべての汚れを取り除くことはできません。せっかく治療した歯を失わないよう、定期的な受診習慣を身に付け、口腔内環境維持に努めましょう。

大切な歯を失わないために診療のご予約はこちら
上に戻る