港北区日吉の歯科・歯医者「矢島歯科医院」が自費治療と保険治療の違いをご紹介

日吉駅徒歩4分駐車場5台完備
文字サイズ
標準
大きく

自費治療と保険治療について

品質・価格と相談しながら自分に合った治療法を~自費治療と保険治療~

品質・価格と相談しながら自分に合った治療法を~自費治療と保険治療~

スーパーで買い物をするときには、「安ければ安いほどうれしい!」と思いませんか? それは、品物の多くがメーカーから仕入れられたもので、品質が保証されているからです。しかし、大切な歯の治療ではどうでしょうか。

歯科治療には「保険治療」と「自費治療」があり、健康保険が適用されるため、保険治療のほうが低価格です。ただし、保険治療と自費治療は目的が異なっています。港北区日吉の歯科・歯医者「矢島歯科医院」では、患者様に治療法の選択肢を提案、メリット・デメリットを説明し、ご自身が納得のいく治療を受けることができます。

最低限の機能維持を目指すのか、より健やかな生活を目指すのか

最低限の機能維持を目指すのか、より健やかな生活を目指すのか

日本では国民皆保険制度が採用されており、健康保険が適用される歯科治療を安価に受けることができます。しかし、この制度が導入された当初の歯科治療はむし歯治療がメイン。その名残で、今も「痛みを抑える」「歯を抜く」といった直接的な治療に対してのみ保険が適用されるという状態が続いています。

欧米諸国ではむし歯の治療よりも予防が重要視されており、歯科医院で定期的にメインテナンスを受けるのが一般的です。予防歯科には保険が適用されない処置もあるので、費用面での負担を気にされる方もいるかもしれません。しかし、むし歯や歯周病が悪化すると治療に多くのお金や時間がかかり、歯の寿命も縮まることに。

最低限の機能維持を目指すのか、より健やかな生活を目指すのか

お口の健康が損なわれると、食事や会話を楽しむことができなくなります。自費治療を上手に取り入れ、治療よりも予防に力を入れることで、いつまでも健やかで充実した生活を送りましょう。

  保険治療の特徴 自費治療の特徴
審美性 見た目が不自然になることがある 自然な見た目を保つことができる
機能性 銀歯に使われる素材が天然歯よりも硬いため、天然歯を傷つけることがある 天然歯に近い硬さにでき、天然歯を傷つけにくい
健康面 長期間使用すると金属アレルギーの原因となる可能性がある 金属を使わない治療法だと、金属アレルギーのリスクがない
費用 安価 高価

長期的にみて自費治療の方がお得になることも

長期的にみて自費治療の方がお得になることも

直接の治療費は、自費治療よりも保険治療のほうが安価です。しかし、長期的にみるとそうとも限りません。自費治療で使用するセラミックなどの素材は耐久性が高く、取り換えがあまり必要でないためです。

保険治療で用いる金属には、金属アレルギーの原因となるリスクや、噛み合う歯を傷つけるリスクがあります。質の高い治療を選択することが、長期的なリスクや医療費の負担を抑えることにつながることもあるのです。

「痛くない」「削らない」「抜かない」歯科治療矢島歯科医院のコンセプト・スタッフ紹介はこちら
上に戻る